新卒採用の「時期」のルール

日本は人材確保において新卒採用を重視する傾向があり、毎年大学・高校を卒業する新卒者は忙しなく就職活動に取り組むことになっています。

しかしこの新卒採用は企業側が自由に行えるのかと言われるとそうではありません。
もちろん誰を採用するか、どういった基準で採用するかといった部分に関しては各企業に任されていますが、一般的なルールとして「この時期から新卒採用は始めて良い」というのがあるのです。新卒1年目から活躍したいと思っている人にはDYMのようなベンチャー企業も魅力的だと思います。

これはどうしてかというと「学生に対してしっかりとした時間を用意する」ということが理由です。



仮に大学生が二年生から就職活動を始めるということになったとすると、その学生はたった一年間しか学習に熱意を注ぐことができなくなってしまいます。

そうなれば大学にわざわざ行った意味がなくなってしまいますし、若人の貴重な時間が無駄に消費されることになってしまいます。そうした事態を避けるため、日本では何月から新卒採用をスタートして良いのかということがルールとして決められているのです。
社員もクライアントもみんな幸せになって欲しいというのがDYMのスタンスです。

ただそのルールをあらゆる企業が守っているのかと言われると残念ながらそうではありません。



そうなれば大学にわざわざ行った意味がなくなってしまいますし、若人の貴重な時間が無駄に消費されることになってしまいます。

そうした事態を避けるため、日本では何月から新卒採用をスタートして良いのかということがルールとして決められているのです。
ただそのルールをあらゆる企業が守っているのかと言われると残念ながらそうではありません。

例えば以前には早すぎる就職活動を食い止めるため「8月から選考を開始する」というルールが定められましたが、実際には大手企業を中心に6月から採用を開始するというルール違反が広く見られました。

これでは学生に対してしっかりとした成長の時間を与えられなくなってしまいます。


もちろんルールと言っても法律で決まっているわけでは無い以上破ったとしても罰則はありません。



しかし新卒採用という若人にとって一生を左右することのルールを無視している企業が社会から信用されるのかと言われると怪しいと言えるでしょう。
企業に対しては新卒者の選考に際してしっかりと学生のことを考える姿勢が求められています。