FXのスプレッドって何?

FXで使われる用語の中には、独特なものがあります。

そのひとつに、「スプレッド」というものがあります。
これは、英語で「開く」という意味の単語です。

トルコリラ関する情報選びに役立つ情報をまとめています。

では、FXの取引の中で、スプレッドはどのように用いられるのでしょうか?スプレッドは、買値と売値の差を意味しています。

テレビのニュースで紹介される為替レートの場合は「1米ドル100円」のようにひとつで表示されていますが、FXで取引する際には、業者にマージンを支払うために買値と売値にギャップがあります。


買値は高く、売値は低くなっており、その差をスプレッドと呼びます。



つまり、このスプレッドの開きが大きければ大きいほど、為替レートが変動するのを待たないと、利益を得られないということになります。

そのために、スプレッドの小さいFX業者を選ぶことが、より高い利益を得るための重要なポイントになります。



また、スプレッドは、常に一定ではなく、為替レートが大幅に変動している時期やあまり売買がない時間帯には差が大きく開く現象がみられます。

それは、「完全固定制」のスプレッドを採用していないためで、多くの業者が「原則固定制」か「変動」を使っているからです。

そのために、スプレッドが時々変わることになります。

また、FX業者はキャンペーンを行って、スプレッドを通常よりも小さくすることがあります。


そういう時は狙い目であるので、普段は取引しない通貨を扱ってみるのもいいかもしれません。